cinnabom official site

チナボン・オフィシャルサイト

【new album "under the sun" is now in worldwide stores!】
iTunes Store, Google Play Music, Apple Music, Spotify, etc..
世界配信&CD好評発売中!

タグ:アーユルヴェーダ

昨日お尻にオイルを入れたからか、7時半まで眠ってしまった。
なぜこうもオイルを体に入れると眠くなるのか。
朝食は食欲があまりなかったので
いつものおかゆとジュース、フルーツと大好きなバナナケーキ、シリアルとミルクティー
って、結構食べたかw
少しずつ荷物を整理し、荷造りを始めています。

帰国のフライトは今日の深夜なのでレイトチェックアウトにしてもらった。
(1時間5ユーロ。私は19時までいて30ユーロ約4,100円)
なので10時からいつも通り針治療からのトリートメントフルコース。
今日はナウシカが最後のマッサージをしてくれた。

ランチの後、13時半からドクターアヌラダと最後の面談。
脈診やドーシャチェックの質問をされ、今の私はヴァータ/ピッタだが
特に今はピッタのバランスを整える養生法を実践するよう
日本語で書かれた説明書きをいただいた。
で、2,3ヶ月したらピッタとあわせてヴァータの方も実践するようにとのこと。
今の私には適度な運動と体をCoolingすることが大切とのこと。
またお薬も3種類ドッサリと処方してくれた!1ヶ月分くらいはあろうか。
そこで説明を聞いて、今まで飲んでいた薬(の一部)の効能がやっと分かった。
ねっとりし甘い薬は婦人科系をよくするもの
黒い丸薬は血液循環をよくするもの
粉薬はCoolingのためのもの
今日は通訳の人とスケジュールが合わなかったので翻訳に自信がないけどw 多分こんな感じ。
冷え性と思ってたので体をCoolingするというのが意外だったのだけど
エアコンの効いた部屋で体を冷やさないようにしておくのはよいとのこと。
またマッサージをすることと書いてあったのでそれについて尋ねると
ガイヤーナたちが私のためにいつも使っていたあのマッサージオイルも追加で出してくれた。

この日はなかなか忙しくて
14時からはBEAUTY SALONでヘナをしてもらった。
ナウシカが昨日ほぼ強引に手配してくれてw
ただ、ヘナもマニキュアと一緒で自分で持参方式だったので
昨日購入をお願いしておいたのだけど
何色にする〜?と聞かれた時点で、あ、これは偽ヘナだな、と。
本物のヘナだけだとオレンジ色にしかならないのだ。
英語で複雑なことが言えなかったので
言われるままに黒いヘナを3パックオーダー(300ルピー約240円、安い!w)
これにプラス手間賃1,000ルピーを支払い漆黒の黒髪になりました〜
30分くらいしか放置しなかったしきっと偽ヘナだけどw
若々しくなったので、ま、よしとする。
黒髪になった私をナウシカが見たがっていたので
後でヘルスセンターを訪ねたけど、もう帰ってしまった後だった。

その後レストランにも寄り
いつも飲んでいたフェンネルティも購入(100gで100Rs=80円)。
それから日本人仲間とアフタヌーンティーでしばらくおしゃべりしてから
もう一度TAI CHIがやりたくて17時半からのクラスに行ってみた。
ただ19時には夕飯を済ませて出発しないとだったので
あらかじめ先生にその旨をお知らせしての参加。
再びサンセットの中で8つの型を練習したのだけど
4つ目ぐらいで時間になってしまい
目配せで挨拶して皆の邪魔にならないよう静かに退出しようとしたら
先生がわざわざ中断してこちらに握手をしに来てくれて
You're so nice. You practice TAI CHI! としっかりとこちらの目を見据えて言ってくれた。
なんだか嬉しくって思わず Yes I will do! と言ってしまったw
先生の手はいつも言う"バタフライ"のように柔らかだった。


18時頃レセプションでチェックアウト。
レイトチェックアウトとヘナの代金を支払ったら
手持ちのルピーが100ルピーとなり、それで最後にレストランで
フェンネルティ100gのお金を支払ったらぴったり現金がなくなった。
最後のディナーは窓際の席でサンセットを眺めながら
一人静かにいただいた。
キャロットスープ、ロティ、ライスコロッケ、クレープの中に野菜が入ったもの
デザートにフルーツといちごババロア。フェンネルティとハイビスカスジュース。
ここの美味しくてヘルシーで安心安全な食事とさよならするのが
とても名残惜しい!
そして次はみっちり2週間滞在してみたいな。
この食事とホスピタリティだったら飽きることはないと私は思う。

19時過ぎ頃ホテルを出発して車で空港へ(送迎は無料)。
また日本のような高速道路を通って22時前には到着。
ゲートで待ちながら椅子に座って
コンタクトを外して眼鏡にしようとごそごそやっていたら
片方コンタクトがどこかに飛んで行ってしまった。。
いいことばかりだったので、これでオチがついたというかバランスが取れたかな?
ハリハリ!スリランカ!


ハリハリ!は私が最初に覚えたシンハラ語。
OK!とかオーライといった意味のようです。







6時起床。6時半からヨガ。少し遅刻した。先生はCominda先生。
朝食はいつもの青汁おかゆ(コラカンダと言うらしい)とネリジュースにバナナケーキ
パパイヤサラダ、リンゴのソテー(クミン塩味)、パンケーキとレッドチャツネ
例の茶色いねっとり、フルーツ、シリアル+ナッツ+ドライフルーツ+ミルク
朝のミルクティーが非常に美味。

10時から針治療といつものトリートメント。
ガイヤーナは明日はお休みとのことでマッサージは今日が最後。名残惜しい〜
今日はハーバルバスではなくスチームバスに入らせてもらった。
木製の箱に横になって、コリアンダーの蒸気で体を温めるとのこと。
時間は10分ほど。日本のサウナを知っている身には大したことはなくw

ランチは昨日の男子イサオ君とはなえちゃんと。
はなえちゃんは今日チェックアウト。
さやかちゃんは昨日チェックアウトしていった。
ここで出会った2人とはほんとに楽しい時間を過ごしました。感謝!

午後はいよいよエニマ(浣腸療法)。
ガイヤーナとナウシカが行ってくれました。
まずはオイルでおなかをマッサージの後
ハーブを詰めて蒸した布袋でもマッサージ。
それから横向きにされ注射器のようなもので直腸にオイル注入。
オイルはいつもマッサに使っているあのスモーキーな香りのだと思う。
説明によると最低でも3〜5時間はオイルをとどめておくのがいいとのことで
お尻にナプキンを当て部屋でおとなしく日記を書きながらがんばっています。
おなかがかなり温かく感じるー!
けどそのうちおなかがゴロゴロいってきたー!
この療法中も目の施術の時と同じく
食事、運動、読書、長時間のおしゃべりなど制限されます。


結局6時頃まで音楽聞いたりしてほげーーーっとがんばったが
限界が来て全部出たw
それから一人ビーチへ散歩。ここへ来て一番美しいサンセットだった。
太陽がインド洋へと沈んでいくのを最後まで眺めた
地球の回転速度
ピンク色の海はかすんでいて
海面はもやのようになっていた
遠くに見える灯台

あー充実していてよい旅だったな!
ありのままの私を再認識した旅だったのかも。
もっとストイックになる自分を期待していたのだけど、さにあらず。
良い意味で?期待は裏切られた。
ありのままの私をまず受け入れること
ここから、私のこれからが始まる気がした。
(レリゴ〜♪のあの歌が頭の中でリフレインww)
通りがかりのスリランカ人が「Good Meditation!!」と声をかけて去って行った。


夕飯は浣腸MENUで
野菜の澄んだスープと全粒粉のロティ、蒸した味の付いていない野菜のみ。
でもこの野菜が甘くて美味しかった!
ついつい習慣で塩をかけてしまったのだけど、いらなかったかも
と後から思う。習慣の恐ろしさよ。
イサオ君と昨日到着した巽ちゃんと話しながら食べた。

明日は最終日。
帰りたくないけど、早く帰って新生活を始めたい気持ちもある。
でもここで高まっていたヴァータをせっかく下げてもらったと思うので
あせらずのんびりいきたいと思います〜〜
夜は「Tao Zen」に載ってた夜の瞑想をしてから眠った。




朝方?から土砂降り。今日は肌寒いくらいで湿気がこたえる。
今朝も8時頃まで眠ってしまった。11時間近く眠ったことに!

9時頃から朝食。いつものおかゆとジュースの他に
ストリングホッパーというそうめんのようなものに野菜やカレー
デーツのケーキ、ナッツとシリアル+ミルクなど
食事指導のお姉さんにオススメされたものを。

10時から針治療といつものトリートメント。
13時頃ランチ。いつものザクロジュースとクミンティに
野菜のカレー数種、マッシュポテト、ラディッシュのサラダ、豆のサラダ
カルダモン入り蒸しケーキ、フルーツなど。

14時からBEAUTY SALONを予約してフェイシャルを受ける。
1回分のバウチャーが無料で付いてきたので。
デコルテまでのマッサージやスクラブ、そして保湿 etc…
肌がふんわりして色がちょっと白くなった?!こころなしかほうれい線も薄くなったよーなw
ホテル的なオススメは、これを最終日に受けることらしい。
確かに滞在中は毎日オイルで顔もマッサージされるので
化粧水や乳液どころか、皆一日ほぼスッピンですごしている人がほとんどではなかろうか。
なので最後にこちらでお肌のコンディションを整えれば
翌日からのお化粧乗りもきっといいはず!w
ところで一緒に行ったはなえちゃんはペディキュアをオーダーしてたのだけど
なんとサロンにマニキュアは1本もなく!自分で持参する方式でしたw

16時半からは午後のヨガに参加してみた。
私の好きな分かりやすい方の先生、Athla先生だった♪
天気はどんよりだけど体を動かすと気持ちはスッキリ!
で、今日はサンセットは見えなさそうなので散歩もせず
部屋でこの日記を書いています。









8時頃までぐっすり眠ってしまった。ヨガはできず。
朝食はいつものおかゆとネリジュース、パンケーキ、フルーツ、カレーなど。
ブッフェのところにはいつもサリーを着た食事指導のお姉さん方が
まるで美しい熱帯の回遊魚のように巡回していて
にこやかに声をかけてくれます。
今日の体調を優しくたずねることから始まり
その日のトリートメント内容や体調に合わせて
何を食べたらいいか、また食べてはいけないものなど
毎回親切にアドバイスしてくれるのです。
ブッフェだとどうしても見た目から味の想像がつくものや
自分の好きな物ばかり取りがちになってしまうのですが
このお姉さんのアドバイスでより一層食事が楽しくなるのでした。
(ただ、痩身目的の人はこの方が鬼に見えるかもw)

で、今日の私はアクシタルパナ(目の施術)を受けることになっているので
体を冷やす食べ物(青菜系の料理やスイカなどのフルーツ)や重い食事はNGとのこと。
カシューナッツやアーモンド、マンゴーなどをオススメされました。
あとパパイヤやココナッツも食べ過ぎはダメとのこと。
って言ってもおいしいからもりもり食べちゃうのですがw
(しかも出る量の方もハンパないww
食物繊維豊富な食事と適度な運動、あとたくさん処方される
あの漢方薬のようなものたちも効いているのか…?)

10:00から針治療といつものトリートメント
だけど生理中だったのでハーバルバスはなし。
13:00 ランチ
14:30からアクシタルパナ(目の施術)。これも有名な施術ですが
目の周りに小麦粉を練ったもので土手を作り
特別に精製されたギー(バターを精製したオイル)を満たします。
その中で、はじめはゆっくり目を開けて
そして閉じたり開いたりします。5分くらいでしょうか。
その後、土手とオイルを取り、白湯を飲んで終わり。
終わった後は、目が洗われた感じで白目と黒目がくっきり輝きます!
疲れ目、疲労回復、不眠に効くとのこと。
ちなみにこのトリートメントを受ける日は
食事や運動、読書や長時間のおしゃべりなども制限されます。
たしかに、トリートメントの後はなぜかあまりキビキビと動きたくない感じに。
ほげーーーっとしていたい。

が、しかし、結局午後はさやか&はなえと3人で
ホテル内でフリーで出されるアフタヌーンティへ行き
お茶とクッキーでしゃべり倒してしまったw
そしてそのままサンセットのお散歩タイム。
最高!!今この瞬間を生きている喜び。幸せ

夜はサーブされるディナー。
おしゃれなリンゴのサラダ、白豆のスープ、じゃがいものロティ
ソイミートボール、フルーツなど。満足満腹。
目にオイルを入れたからか、もしくは昼間しゃべりすぎたせいかw
10時過ぎには眠くなり就寝。




6時起床。6時半からヨガ。
月曜の先生コミンダ先生だったけど
耳が慣れてきたのか大分英語が聞き取りやすくなってきたw

朝食を摂ったら今日は9時半からドクターアヌラダと面会し
次の施術内容を決める日。
ドクターにシロダーラやりたい?と聞かれたのだけど
(例の眉間にオイルをたら〜とたらすやつ。日本人はみんなやりたがるらしいw)
治療のために他に必要な施術があるならそちらを優先させたいと伝えたところ
エニマ(浣腸療法)×2回と目のトリートメントというメニュとなった。
浣腸2回と聞いてちょっと躊躇。
やっぱシロダーラやりたいって言おうかな〜 と思っていたところ
生理が始まってしまい、とりあえず明日は
目のトリートメントをしてもらうということに。

生理中はシロダーラやエニマなどヘヴィなトリートメントはNGとのこと。
ちなみにエニマとは直腸にハーブオイルを入れるというもので
私の場合、今ヴァータが高いのでそれを下げるためのもので
下痢のための浣腸療法とはまたちがったものである、とのこと。
いろいろあるんですねー はー
また、普段冷え性でおなかが冷たく感じるのが気になるとうったえてみたところ
私の場合、体がほてる方が問題で、冷たい分にはOKとのことだった。


面会の後はいつものコースでトリートメント、昼食。
午後ははなえちゃんとさやかちゃんと3人で町へ買物に。
アーユルヴェーディックファーマシーでクリームやヘアオイル、
マッサージオイル、石けんなど購入。
相当ふっかけられて? 全部で9000ルピー(7200円)!日本並みの物価w
その後、Food City(スーパーマーケット)へ行ったら
石けんとか全然こちらの方が安かった!
でもまあ、アーユルヴェーディックファーマシーのものは
(きっと)100%ナチュラル、オーガニックなのだ(にちがいない)ということで
納得することとする。
しかし2人は別のところで900ドルとかのジュエリーも買っていた!すごいな!
私の方は森の宝石スパイスやココナッツ、ギー、タマリンドなどをスーパーで満載購入。
全部で2000円といったところ。さすがにこういうのは安い♪
帰ってカレーを作りまくるどー!
ホテルで手配してもらったタクシー代1人4ユーロ。


今日のディナーはブッフェスタイルだったのだけど
今日はじめて焼きたてのホッパーが食べられた。
ココナツミルク入りのクレープ様のもので
これにチャツネなど付けて食べます。美味しかった

ブッフェでもそれぞれの料理がきちんと温かさをキープして置かれているのだけど
冷蔵庫でキンキンに冷やしたようなものは一切ない。デザートでさえも。
アーユルヴェーダの考えに忠実にすべて手作りされているという感じ。
デザートのプリンは甘さ控えめだったけど、お母さんの手作りプリンみたいな感じで
たいへんしやわせになりました。
ああもう、一生ここの食事でもいいよ!w







6時起床。6時半からヨガ。
今日の先生は英語がわかりやすく内容も充実していて
大変集中できた。気持ちのよい朝。

朝食はフルーツとトースト、いつものおかゆといつもの飲み物。
この毎朝出されるおかゆ、
青汁的なハーブとココナツ?のスープに赤米が入っているのだけど
これがうーん、まずい!
確かアスパラガスというハーブが入ってるって言ってたような。
日本のアスパラガスはおいしいけど
こちらのはまったくそれとは異なり細長い葉のハーブの一種。

10:00 針治療
今日からは丹田や足スネの内側など冷えのつぼと思われる箇所に針。
10:45 オイルマッサージ各種→いつもの薬と目薬→ハーバル温湿布とフェイスパック
→ハーバルホットバス
マッサージの後に飲まされる薬がおいしいw
薬草を煮出したもののようですが、養命酒のような味。
アルコール入っているの?とたずねたらNo No No! とのこと。
だよね… 入ってる訳ないよね…

午前中はいつもこんな感じであっというまに終わってしまう。

今日のブッフェランチでは久々にカレー復活!
下痢は止まったけどw まだ胃の調子がよくなくて
ずっとカレーに食指がのびないでいたのですが
ここへきてすっかりよくなり
生野菜などもやっと食べられるようになりましたー。





午後は海水のプールではなえちゃんとスイミング♪ ゴキゲン!
その後はお部屋のお引っ越し。
というのも、このシーズン、夜の雨が多くて
1階の私の部屋はものすごい湿気!
それに耐えかね本日から2階のお部屋にチェンジしてもらいましたー。
新しいお部屋はダブルベッドだしテラスもあって
なにより湿気が少なくて快適!!

夕食はブッフェではなくきちんとサーブされます。
野菜スープとロティ、キャベツ春巻きとクスクス。
全部ベジだけど、ソイミートなどもうまく使って満足感ありあり。
というか、全部おいしい!

夜はさやかちゃん、はなえちゃんと10時半頃まで
しゃべり倒したー


6時起床。6時半からヨガ。
朝だからかウォームアップ的なわりと軽めの運動量。
先生の英語がなかなか聞き取りづらく見よう見まね…
屋外ではなくホールだったけど
潮騒を聞きながらのシャバアーサナは気持ちいかった

朝食はレストランでブッフェスタイル。
おかゆ、パンケーキ、チーズとジャム、フルーツ、フレッシュジュース、紅茶。
テーブルにちらほら日本人の女の子がいたので少し話した。
中学校の英語教師はなえちゃんと歯科医のさやかちゃん。

9時にドクターアヌラダと面会。
専門用語が心配だったのでこの時だけ通訳をお願いしておいた。(無料)
ここに来た目的など話すと、お酒はやめないとねぇ〜と言われた。ひえ〜〜
ちなみにこのリゾートでは酒、たばこは一切禁止!
代わりに水は私の場合1日に1.5リットルは飲んでと。
30〜40分間、問診と血圧、脈診などして10時から針治療。
今日の針はとりあえずまだ昨日と同じリラックスのためのものとのこと。
寝台に横になり針を刺されたまま40分くらい横になる。
他にも腰や腹など様々な箇所に針を刺された人々が10人くらい横になっていた。

10:45 昨日と同じガイヤーナに手を引かれマッサージ部屋へ。
使っているオイルも内容も昨日と同じもよう。
スモーキーなにおいのするオイル。
あ、今回から目薬と目の周りのマッサも加わる。(老眼が気になるって言ったからかなぁw)
ここでは基本担当制でずっと同じ人がマッサージなど施術をしてくれる。
ガイヤーナはにこやかで優しい雰囲気のとっても素敵な33才の女性。
彼女のマッサージは最高!!
とっても繊細でときにダイナミックに的確に。
全身の時にはパートナーのナウシカと2人でマッサしてくれます。

昨日と同じコースで
ハーブの温湿布+フェイシャルパックの後はシャワールームへ。
ここでオーガニックなスクラブ(たぶん手作り)を渡され
顔や全身を洗うとツルツルに
それからすかさずハーバルバスの部屋へ。
かまどを使ってお湯やハーブエキスをがんがん沸かしています。
日本とちがい首まで浸かることはできないのだけど
浅めにためたちょうどいい湯加減のバスに横たわると
手おけでひたすらお湯を全身にかけてくれます。
その後は起き上がり背中側もかけてもらい
ホカホカになって今日の施術はおしまい。
(お湯はちゃんと一人一人栓を抜いて取り替えていて安心)

そうこうするうちにもうお昼の時間。
私の部屋番号のテーブルにつくとなにやらシンハラ語で書かれたカードがあり
どうやらここに私の健康状態と毎食ごとの飲み物についてのドクターの指示が。
ウェイターはこれを見ながらサーブしてくれます。
私の場合は
朝食:ティーの種類は自由、ジュースはネリジュース
昼食:クミンティー、ザクロジュース
夕食:フェンネルティー、ハイビスカスジュース
を8日間毎日いただきました。
ネリジュースは薄い黄色のちょっと酸っぱいようなさっぱりした味のジュース。
ネリについて帰ってきて調べたら
アーユルヴェーダでメジャーな3つのフルーツのうちの1つで
血液の浄化や整腸によいとのこと。
ちなみにこの処方は人によって全然ちがってきます。

15時になるとヘルスセンター(施術を行う棟)の
各部屋番号の棚にそれぞれ処方された薬が毎日入れられるので
それを取りに行く。

その後はお料理教室へ(これも無料)。
レシピカードが配られ、リゾートのコックさんたちが
デモンストレーションしてくれます。
この日のメニューはココナツミルクを使ったホワイトカレーと
フライドライス、バナナフリッターでした。
他にもめずらしいスリランカの野菜や果物
ハーブの解説もあり面白かったです。

毎日のようにこうした課外活動が無料であり
意外にぼーっとするヒマがない!w




早朝オットは三脚を持って部屋を飛び出して行ったw
遠くで犬の吠える声が聞こえる…
きっと不審者と思われながら、蚊にさされまくりながら
無我夢中で写真を撮りまくっているのだろう…オット帰国の朝。


私も8時頃むくむくと起きだし庭園を散歩した。
ああ、こんなお庭がほしい!!!
2つの湖に挟まれた広大な土地で
まばらに草を食む黒い牛
点々と建つ瀟洒な仕事場やゲストハウス
苔むした階段や木陰の石のベンチ
蓮の咲く大きな池、田んぼ、鳥の声
並ぶ白い幹の木の枝振りは大変面白く
ちょっと曇りがちな天気ではあったけれど
そのトーンの落ちた感じもまたいとをかし。

朝食はもちろんランチもここでいただき
散策をしたりして2人旅ラストデイをまったり満喫しました!
※ルヌガンガは三脚での室内撮影および写真の商業利用はNGとのことです〜


それからトゥクトゥクではじめアルトゥガマ駅へ。
ここで帰国するオットと別れ、いよいよ
Barberyn Reef Ayurveda Resortへ!!

3時前には到着しウェルカムドリンクをいただき
一通り説明を受けるともうすることがない。ので
ドクターに会い本格的な施術が始まるのは明日からということだけど
今日もマッサージなど受けられるようにしてもらった♪
本日のメニューは:
シロアビヤンガ(頭と肩のマッサージ)
ムフナアビヤンガ(フェイシャルマッサージ)
シャリラアビヤンガ(2人で行うボディマッサージ)
エカンガピチュ(薬草の温湿布→ボディ)
パパイヤ&きゅうりパック(→フェイシャル)
ハーバルバス
アキュパンクチュア(針治療)
【参考】「アーユルヴェーダの聖地 スリランカ癒しの旅」Spitravel編 岩瀬幸代監修

軽い気持ちでマッサージお願いと言ったつもりが
ほぼリラクゼーションフルコースですっかり昇天
夜はレストランでおいしいベジタリアンディナーを食べていたら
デザートに大きなバースデイケーキでサプライズ!
周りの宿泊客やスタッフのみんなとシェアして
(ダイエットで来ている人も多いのでみんな一口ずつw)
図らずもさびしくないバースデイディナーとなりました〜〜




↑このページのトップヘ