cinnabom official site

チナボン・オフィシャルサイト

【new album "under the sun" is now in worldwide stores!】
iTunes Store, Google Play Music, Apple Music, Spotify, etc..
世界配信&CD好評発売中!

blog >

今日はキャンディへ列車で移動するので
朝からチケットを買いにFort駅へ向かって歩いていたら
何やら聞き取りづらい英語で話しかけてくるおっさん。
お金はいらないだの、同じ仏教徒だの言いながら案内すると言ってきたので
ついつい言いなりになってトゥクトゥクに乗ってしまったー
ら、なぜかヒンドゥー寺院に連れて行かれるわ
最初100ルピーだったトゥクトゥク代が1,000ルピーになるわで大揉めにww
(そもそもFort駅は歩いて行ける距離だって分かってたのに…なんで乗っちゃったのか)
おっさんは運転手とも結託してトゥクトゥクの出入口をふさいでなかなか降ろしてくれないし
オットは払っちゃおうか…とか弱気になって言ってるので
あたいは日本語で「ずえったいに100ルピーしか払わないよ!」と宣言し
キレて反対側の窓から降りようとすると(いう演技で)さすがにおっさんが折れ
とにかく100ルピー札のみをぶん投げて後ろも振り返らず逃げてきた。
ふぅ〜〜〜 インド、じゃなくてスリランカの洗礼!

結局自力でわけなく駅にたどり着きキャンディまでの2等車券をゲット♪(190Rs=約160円)
それから駅前の食堂で初のスリランカカレーの朝食!(写真)
ダール(豆のカレー)と魚のカレー、チキンカレーを指差しでオーダー。
ごはんはなぜか白いビニール袋をかぶせたお皿で出してくれた。
ツーリストへの気遣いかw
暑い店だったけど、美味しかった!

それから列車の時間まで街をふらふら。
Dutch Hospitalという、昔オランダ人の病院だった建物を改装して
ショッピングセンターにしているというおされエリアのカフェでお茶。
さすがに本場セイロンの国とあって
紅茶のブレンド具合が上品で、チャイラテがめちゃめちゃ美味しかった!
また、ジェフリー・バワの設計した寺院に偶然たどりついたり。
斬新なデザインでしたが涼しくて大変居心地がよかったです!


指定された時間に駅へ入り、チケットを見せて列車に乗ろうとすると
その列車はダメだよ、乗れないよと駅員に言われる。
なんでー!今朝はこの時間にこのホームって言ってたのに〜泣
訳も分からずまたもや指定された別のホームへと移動し
さらに2時間待つことに…
うん、これが旅だよね…

しかし、その間にやることはいっぱいあった。
まずはすっかり不機嫌になってしまったオットのために(いや、自分のためw)
車内で飲むビールを求めて東奔西走。
人に尋ねまくって結局駅の外まで出て
「WINE SHOP」という名のワインの売っていない酒屋にたどり着いた。
後で判ったのだけど、酒の販売は免許制なので「WINE SHOP」でしか買えないとのこと。
キオスクとかないってことのようです。日本って便利。
キンキンに冷えた缶ビール2本をゲットし、
あとは余裕でツマミ(カレー味スナックやロティというサモサ的なもの)も買って
ホームに戻ってきたら意外にもすでに列車が入線しており
なかなか帰ってこない私を心配してかオットが所在なげにホームに突っ立ってました。

かわいそうなオットを助けてくれていたのが
なぞのスリランカ人日本語教師「センセイ」(と私が呼んでいた)。
センセイは昔日本に住んでいたこともあるそうで日本語堪能。
日本語を話せるのがうれしいらしく
キャンディ手前の彼の降りる駅まで約4時間ずっとおしゃべりしていた!!
センセイにいろいろスリランカでのギモンも聞けたりして
(なんで最初の列車に乗れなかったのかとか、シンハラ語とタミル語の区別とか etc...)
勉強になり大変面白かった〜
そうして夜9時頃列車はキャンディに到着。

ホテルは予約してあったのだけど
この日はここからが一番へこたれた!
長くなりそうなので、つづきはまた明日。











直行便が売り切れだったためキャセイパシフィック航空で
香港、シンガポールを経由しコロンボへ。
15時間くらいかかった!が、往きは元気♪
夜到着し予約していたホテルCity Beds the Regentへチェックイン。
空港から街まではタクシーで2,300ルピー(約1,900円)。
日本が建設に協力したという高速道路を、(偶然にも)日本車タクシーで走る。
運転手はその車を手に入れて今日が仕事始めで
最初の客が日本人で驚いていた。うちらも驚いた。
なのでまずは、まるで日本を走ってるみたいで変な感じだったのだけど
大きくちがうところは夜が暗いところ。
飛行機から見下ろした景色も
灯りがポツポツって感じでほとんど真っ暗。
トーキョーやシンガポールとは大違い。
とりあえず、機内食4食も食べて(ワインが美味しかった
おなかいっぱい胸いっぱい夢いっぱいでねむった〜








先週は奥飛騨の秘湯に行って参りました。

日本アルプス槍ヶ岳をのぞむ
槍見館にて温泉三昧
アルプスの雪解け水を
集めて流れる蒲田川は
豪快な音をたてて流れていました
翌日は白骨温泉に移動
湯元斉藤旅館にて
美しすぎる新緑に囲まれ温泉三昧w
こちらは湯の花の浮かぶ
白い温泉・・・

というか
3日間も温泉につかりっぱなしで
帰ってきたらすっかり
湯あたりしてますた。。。
おかげでCELEBS makiちゃんのバンド
HBの2ndアルバムリリースパーティに行けず…
大変盛り上がったもよう!


週末は
アルバムCHILL OUTやZEROというバンドで
共演したギタリストARATA君の結婚パーティでした。
おめでとう!!!


湯前神社に湧く温泉
■湯前神社に湧く温泉
来宮神社
■来宮神社
樹齢2000年の楠
■全国2位の巨木
お刺身
■お刺身@魚國
冬は温泉!
ということで日帰りで熱海へ。
ロマンスカーのなかからビアw

熱海のビーチ沿いを歩く
お天気は曇り
寒くはない
熱海桜がもう咲いていた
海岸沿いにホテルが林立していて
晴れていれば
まるで小さなハワイかリオのよう

予約しておいたお店で
地魚と有機野菜のフレンチランチ♪
ワイン1本空けちゃったw

(文字通り)ふらふら歩いていたら
湯前神社で今日はお祭りでした。
温泉に感謝する日。
神社のなかにも温泉が湧いていて
触ってみると熱い!
あちこちの下水からも
湯気が出ている
古い木造の建物や
むかしのかたちの郵便ポスト

来宮神社にお参り。
天然記念物・樹齢2千年の楠
のまわりをぐるぐる回るとあら不思議
なんだかシャキッとしちゃいましたわよ
そして「酒難除」お守りを購入。
お酒で失敗しないように!ははは

それからぶらぶらと日帰り温泉
日航亭・大湯へ
100%源泉掛け流しの温泉
お湯は透明で熱くさっぱりしているけれど
大地のマグマのパワー充満といった感じ。
大湯は徳川家康が入浴したこともあり
「出世の湯」ともいわれているそうな。
おばあちゃんちのような年季の入った休憩室で
軽く昼寝をしたりしたらもう6時。

小田原まで出て
老舗魚國にて
海鮮をたんまりいただきながら焼酎。
鯛茶ならぬ鯵茶漬けが
めずらしくてとてもおいしかったです☆うーい
干物とイカの塩辛買って帰ってきました。
完璧呑んべえ旅になっちゃいました〜











最終日は
石垣島からトランジットの那覇で少し寄り道。
KOYO君にナビゲーションしてもらい
ディープ那覇を満喫。
昼間っからなぜかべろんべろんになり
飛行機で爆睡しながら帰ってきました(笑)


とまあ、あまり旅の全容を知らないまま出発したため
うれしい予想外がいっぱいの旅となりました!

おみやげは例のごとくまた食べ物ばかりw
お気に入りは西表島のHさんちの庭になっていた
バンシロー=グァバ
こんなのがそこら中になっている。
皮ごと種ごといけちゃう甘い南国の果実。
干立集落の公民館でもこのバンシローの苗が200円で
たくさん売られていました。
数週間で食べられる実がなるとのこと!素敵!
(苗は買って来れなかったけど…)



島の夜は真っ暗で
見上げれば満天の星
深く黒くうっそうと茂る森を見ていると
とても美しいけれど
なんだか恐ろしくなるのでした。
太古の昔の人々が持っていた
自然への畏怖も
これと似たような感覚だったのでは?
と感じずにはいられなかった。

アカマタ/クロマタという祭事は西表島・古見で発祥し
海を越え新城島に伝わり
また石垣島・宮良へと伝わっていったそうです。
今回は新城島に豊年祭を見学に行ったわけですが
図らずも偶然に新城島だけでなく
古見、宮良とちゃんと訪ねて(通過して)いました!
なにかの足跡をたどっていたようです。

八重山の自然はもちろんですが
この旅であたしにとって一番印象的だったのは
人々の想いでした。

偉大な自然に対して
ちっぽけな人間ではありますが
だからこそその想いの熱さは
とだえることがない。
あたしもなんだかしんないけど
がんばるどー!
という気持ちになった旅でした☆感謝




石垣島にもどり
市街からは少し離れた名蔵というところにある
コテージに落ち着きました。
名蔵湾はまるで湖のようにおだやかで
美しい湾です。

名蔵初日はYちゃんとSちゃんはサーフに行ってしまったので
残されたあたくしはバリニーズエステなどして
まったりほぐされましたw
マングローブの林を船で行くというのも、前日西表島で
←“東洋のアマゾン・浦内川クルーズ”というので
うっそうと茂ったマングローブの林を抜け
上陸して山奥を歩くこと40分。
マリュドゥの滝やカンピレーの滝を見に行ったので
足がぱんぱんになったのでしたw

石垣島滞在中は
川平湾を見に行ったり
いろいろなビーチで泳いだり。

2日目にはYちゃんとバスにゆられ明石食堂まで
ソーキそばを食べに行きました。
ここのソーキはと〜ろとろだけどさっぱりしていて絶品。
あたしのなかのソーキランキング首位に躍り出ました。
(波照間島のあやふふぁみのソーキと甲乙つけがたい!)
またYちゃんが付け合わせで頼んだとんかつが
顔の2倍くらい大きさがあって驚愕&爆笑しました!
明石の浜明石食堂そばのビーチでも泳いだのですが
ここもほんと美しいビーチなのに
海の家とかそういうものはなにもないとはいえ
だれもいなかった!絶叫しました。
(31日の日記の写真もそうです)

今回の石垣島でとくにあたしたちのお気に入りだったのが
米原ビーチ。
信じられないほど濁りがなく透明な海で
日が暮れるまでシュノーケリング。
そして、ここで見るサンセットが最高!
南国の日は長くだいたい陽が沈むのが7時半頃なんですが
家族連れが多いからなのか
なぜかその頃にはビーチはいつも無人
独り占めのサンセット→コテージにもどりシャワー
→居酒屋でごはんというコースをぐるぐるしておりました。



イノシシ鍋西表島滞在3日目。
写真はちょっとコワイですが
初日にいただいた
シシ鍋のイノシシちゃんです→
初めて食べたけど、めちゃくちゃおいしかった!!!
イノシシのお刺身という
めったに食べられないものまでいただきました。
新鮮だからか全然臭みもなくおいしかったです。

また別の日には
グルメのYちゃんに連れられて
唐変木というお店でガザミ汁定食をいただきました。
これもめちゃうま!全員無言。
身はしっかりと引き締まり泥臭さはまったくなく
なんとも言えない芳香があります。
ガザミとはマングローブに棲息する
大型のワタリガニの仲間だそうです。

グラスボートから見た珊瑚礁ほかには船でしか行けないイダの浜という
とても美しいビーチに連れていってもらったり
珊瑚礁をグラスボートから見たり。

あとはひたすらシュノーケリング。
西表島の海はほんっとに極彩色
真っ青なヒトデや紫色の珊瑚
色とりどりのお魚たち!飽きない!



そしてなんと言っても
今回のメインイベント
新城島(パナリ島)の秘祭・豊年祭!
これに関してはなにも日記には書けません。。。
(そういう決まりなので)

祭のあと、西表島在住のHさんたちと
満天の星空のもと庭でBBQをしながら
いろいろとお話を伺いました。
八重山の虐げられてきた歴史と偉大なる自然。
そのなかで強く結束し
自然への畏怖と感謝とともに
生き抜いていくため
脈々と引き継がれてきた祭り。
見学者としてですが、そういうものにじかに触れることができて
とてもよかったです!




昨日飛行機で石垣島入り。
初日はゆいロードという商店街をぶらぶらしたり
夜は居酒屋で夕飯。
なにを食べても安くてうまい!w

西表島 上原港よりそして今日はいよいよ
離島ターミナルから西表島へ初上陸♪
ここで、今回一緒に行ったYちゃんのご縁で
那覇の琉球古典音楽と舞踊のご師匠方々と合流。
彼らが西表島の干立集落で行うチャリティコンサートの
お手伝いをしているMさんに同行させてもらい
あたしたちも少し手伝ったりしながら
コンサートを見ることに。

琉球古典音楽普通なら大きなホールでしか見れないような
巨匠の音楽と舞踊がほんとうに素晴らしかった!
琉球古典音楽と舞踊は、冊封使をもてなすために
首里城のなかで演じられていたもの。
今回は音楽と舞踊のほかに、普段はなかなか見ることのできない
髪結いや衣装の着替えなども特別に披露され
とても興味深かったです。
琉球古典舞踊あたしが一番こころ惹かれたのは太鼓の演奏。
まったく激しさはないのに
エレガントな強弱とグルーヴ感!もってかれました。
後でその方が無形文化財と紹介されていて納得。
最後はそんなグルーヴにだれも座っていることはできず
カチャーシーでおじいもおばあも老若男女みな踊り大団円。
小さな公民館が沸きました!

秘祭の前に古典音楽のコンサートと聞いてはいたけど
まさかこんなすごいものとは!!!
予想外の貴重な体験をさせてもらった
熱い夜でした。




常夏サイコー♪
結婚式もとってもよかったです。
お姉ちゃんは感動して言葉も出ませんでしたよw

しかしまあ
ワイキキはもう行かないかなー。あはは
絵に描いたよーな観光地!日本国ハワイ県。
物価高いし、そのわりメシはまずい!
お買い物もおみやげ以外はなにもしてない。。。ブランドものばっかだし。
ひたすらビーチやプールで泳いでたよ。
波照間ほどきれいな海ではないけど。
あとは飲んだくれw
ハワイのローカルビアがおいしかった♪

でも気候はほんっと最高でした!
次行くならぜひ
ハワイ島とかマウイとかやっぱ離島がいいな。



昨日の夕方着いて
今朝は時差ボケで朝の7時から
はりきってお風呂につかったり
みそ汁やおにぎりやほうれん草のおひたし作ったり
日本の生活をエンジョイしています!

で、いい天気だったしさっそく庭に行ってみたんだけど
キンモクセイがみごとに散っちゃってたよ(哀)
ハワイに旅立つ前は、ほんのわずかに咲いてるだけだったから
あたしがハワイにいるあいだ
きっと満開だったんだろーなー。
それだけ残念!



ポール・ギャリコ「ジェニィ」読了。
ポール・ギャリコさんは
映画「ポセイドン・アドベンチャー」の原作者と言ったら
わかる人は多いでしょうか。
「ジェニィ」は小さな男の子がとある事故に巻き込まれ
なぜか猫になってしまうという
イギリスを舞台に繰り広げられる大人の童話。

最近猫モノにはまっているのですが
これはほんとに猫たちはこんな会話をしてるんじゃないかと
思えてくるような面白い作品。
それでいてあたたかなヒューマニズムに溢れていて
とても感動しました!
ギャリコさんはやはり無類の猫好きだそうで
この作品を読むと
ほんとによく猫を観察しているんだなーと思わずにはいられません。
表紙の絵もかわい〜いナイスな本でした♪

波照間島ツアー&バケイションから
元気いっぱい帰ってきましたー!
もうもうもうもうなにがなんだか
あまりに素敵で不思議な旅で
なにから書いたらいいのかさっぱりです。

とりあえず今は
15日ぶりに電磁波を浴び
都会の雑踏にむせびかえっております。

すこしづつですが
写真や日記をアップしています♪
5/7からはじまります。

↑このページのトップヘ