cinnabom official site

チナボン・オフィシャルサイト

【new album "under the sun" is now in worldwide stores!】
iTunes Store, Google Play Music, Apple Music, Spotify, etc..
世界配信&CD好評発売中!

blog >

今朝は起きて
窓を開けたら
気持ちのいい雨上がり
ここしばらく乾燥して
かさかさだった空気が
しっとりとして
思わず深呼吸

正月ボケのからだが
動きたがっている!
朝からみっちり1時間ヨガって
気持ちのいい汗をかいたら
洗濯をして
朝ご飯を食べ
自転車で図書館へ行った

途中でアップルパイを買って
走る走る
今日はあたたかいし
知らない道をふらふらと
どこまでも走って行きたい!
衝動にかられるも
会社行かなくちゃーw


なんか1年が
はじまった気がするよ





村上春樹「1Q84」book1&2 読了。
引越しの期間中図書館へ行けなかったので
めずらしくなにか買おうと思い購入。

力作だなー
ちょっと文章の推敲が足りないとは思うのだけどw
でもこれから明かされていくであろうテーマには
なんとなくだけどシンパシーを感じずにはおれない。
つーか、お話が完結した後でないと
なにも語れない気もするけどー

リトルピープルとはなんなのか。
中沢新一の「カイエソバージュ」シリーズ
読んだ後だからつい想像してしまうのは
それが、現代社会で虐げられている
自然の力に対する畏怖の念
みたいなものとなにか関係しているのでは?
と思うのですが、どうだろか。
こういうテーマって同時多発的に
発生してもぜんぜん不思議じゃないと思う。
100匹目のサル…?







EARTHDOMにてcelebsライブ。
楽しかった!
また、先週末はGURU GURUにて
cinnabomライブでした。
いらしてくださったみなさま
ありがとうございました☆





「対称性人類学ーカイエ・ソバージュ」読了。
やーとうとう対称性人類学の全容が
ここで明らかにされたわけですが(シリーズ最終章)
中沢氏も書いているとおり
この学問はまだまだスタートラインに立ったばかり
なのであります!

とにかくこの本は
あたしのこれからの人生の
とても重要な指針になると思いました。
謙虚さと思いやり。
愛の学問とその実践だー

この思想を知ってしまった限り
きっと広げていく運動をせずには
もしくは個人的にでも実践していかずには
おれないよなーと思いました。
そう、この学問を追究していく
いろいろな答えを編み出していく
のは、ほかでもないあたしたちなのではないかと。


それにしても
このシリーズ、読み応え抜群でしたがw
フツーの人にはやはりちょっと
アカデミックすぎてなかなか取っ付きにくいものが
あるやもしれません。
でも、対称性人類学という言葉は知らなくても
すでにこういう考え方の現代における有用性に
気付いている人々は
思った以上にたくさんいるんじゃないかなー
とも思うちなぼんでした。






林檎持ってくるの忘れた
朝ゴハンにしようと
冷蔵庫に入れておいた
半分の林檎
りんごさつじんじけん

いや、半分じゃなかった
きのうの夜
どうしても林檎が食べたくなって
またその半分を食べたので
ほんとは4ぶんの1のりんご

雨が降っていた
濡れたホームは真っ暗で
弱い風が吹いていた
朝焼けは厚い雲に殺された
朝焼けは長い夜に殺された

明るくなってきた街
雨つぶが傘をたたく音が
からっぽのこころに
沁み入る音楽

あたしは
冷蔵庫で冷たくなった林檎の
歯に当たるシャキシャキとした
かたさを思う







「神の発明ーカイエ・ソバージュ4」読了。
動物も人も関係なく
自由に交流する神話的思考の社会から
どのようにして神が生まれ
またどのようにして
一神教が生まれてきたのかを検証。
(神々と一神教の神は厳密に区別されるのです)

カイエソバージュ1からずっと彼の説いている
「対称性の論理」的観点からすると
一神教の発明と資本主義の発達は
密接な関連があるのだそうです。
つーか、ここまでくると難しすぎてw
全然うまく説明できないんですが。

宗教と資本主義と国家
現代を牛耳るこの3つの成り立ちを
見ていくことによって
なにか素敵な結論が
いよいよまとめられるのではないかと
次巻に期待が高まりました〜。




ヨガを一生懸命やりすぎて
肩から腕にかけて
尋常でない筋肉痛に・・・笑
ヨガをはじめて早半年
だいたい週1でクラスに行っているんですが
いまだに毎週筋肉痛になるのは
なぜ〜〜?

今年の冬はヨガで
風邪を引かないようにがんばるぞ!!






葉室頼昭 「神道のこころ」読了。
医者でもある春日大社の宮司の語る本。
西洋的なものの考えかたと
東洋的なものの考え方のバランスが絶妙で
とても説得力のある本でした。

神道って宗教だとあたしは思ってたんですが
これは明治政府が勝手に仏教と分けて
宗教法人にしてしまったからなのだそうで。

元来、神道とは世界のありようであり
自然であり哲学であり
日本人が古来からつちかってきた
よりよく幸せに生きる知恵なのだそうです。

カイエソバージュとおんなじなんですが
日本古来の神話も単なる物語じゃなく
全部ほんとうのことを表していると
葉室氏も言っているのが興味深いです。

これからも
感謝のこころを忘れずに
生きてゆきたいです。


もう11月ですね!!!
なんだか急に寒いし。。。
東京では木枯らし1号が吹いたそうです。
でも、ギリで先週やっと
ホットカーペットを出して
衣替えもしておいたので
ぬくぬくいい感じです♪



ところで、お知らせですが
333DISCSが季刊で発行するウェブマガジン
333DISCS PRESS 2009年11月号から
PRESS版「憩いのひととき」が始まります!
「チナボンボンブック」もこちらで
継続させていただくことになりました。
ぜひごらんください〜☆☆☆
トップメニューの「憩いのひととき」をクリックしてね♪
→333DISCS PRESS



「愛と経済のロゴスーカイエ・ソバージュ3」読了。
ひゃーだんだんこのシリーズむつかしくなってきましたがw
しかし読み進めれば進めるほど興味深い!
ここでは、資本主義がどのようにして
生まれてきたのかを検証。
現代に生きるわたしたちが
いくら働いても働いても幸せになれないのは
なぜか?!このからくりをあばきます。

愛と経済はひとつの親から生まれた兄弟みたいなもの
なのでは?
この本を読んであたしは
フロムの「愛するということ」という本のなかに
あったことを思い出しました。
現代の人々がお金ではなく愛で
ほんとうに幸せになる(キレイごとじゃなく!)には
この社会を根底から変えていかなくてなならない。

中沢氏はこれを模索しているのではないかしら。
だれもが幸せになれる新しい社会システム
資本主義の先の資本主義を。





パティシエ鎧塚氏のアトリエができたよ〜♪♪♪
超有名だけどどうなの?
最近甘いものはねぇ
などと斜にかまえてたのはほんの一瞬でw
どれひとつお試しに・・・
と食べてしまったところ虜に。

もうとにかく
厳選された素材で仕立てられた
絶妙としか言いようのないケーキたち。
永遠の乙女の夢なんだわぁ☆
つーか、こんなのが近くにできちゃって
かなり危険な香りがします。
食べすぎ注意!(でも全制覇したーい!)





中沢新一「熊から王へーカイエ・ソバージュ2」読了。
全5冊からなる中沢氏の講義録第2弾。
神話という人類最古の哲学をひもといたのが
1冊目でしたが
そこからどのようにして
王や国家が生まれてきたのかを説いています。
それは王や国家が生まれる前の社会が
どのような知恵でもって秩序をたもっていたのかという
考察へとつながり、さらには
仏教の必然性へとつながっていきます。

自然への感謝と畏怖を忘れ
諸刃の剣でもある文明を過信しすぎることに
中沢氏は警鐘を鳴らすのかもしれません。


向田邦子「思い出トランプ」読了。
短編小説集。
男と女のあいだの
びみょうなさぐりあいが
あまりにもするどく描かれていて怖い
でもうんわかるわかるとうなずいてしまうw
あと、今はなき昭和の語彙がとても愛おしい!


※つくばの写真を日記にアップしました。
 見てみてね♪
 →September 21, 2009








今週末は多摩川河川敷で催される
もみじ市でcinnabomライブです♪
おいしいモノや素敵なモノが大集合するみたいです!
フリーイベントですので、ぜひお気軽に☆
ちなぼんのライブは土曜日13時ごろからの予定です。

行き方など、くわしい情報については
もみじ市オフィシャルサイトをごらんください。




よしもとばなな「日々の考え」読了。
つれづれなるままに〜的な
わりとあっさりしたエッセイですが
そこに出てくる読んだ本とかマンガとかが面白そう。
「サンタ・サングレ」というスペインのキッチュな映画
学生のころに見て衝撃的だったんですが
その監督が現在なにをやっているかが書かれてて
懐かしいやらその内容に驚くやらw




中秋の名月をめでに
代々木公園へ。

昼間は雨が降っていたのですが
夜は雲がじょじょに晴れていって
美しいお月さまが顔を出しました。
満月の一歩手前というところが
日本的で風流ですね!

友人がお月見団子を持ってきてくれたんですが
これが絶品で!(どこのだろ?)
あんこは入ってなくて(これが本物らしい)
だけどふわっふわで
しかも驚くことに
お砂糖がまったく入っていないのです。
お米そのものの味と甘さをいただきます。
初体験なお団子でした。

また、Nっちがおいしい
ジャーマンポテトやサルサなどを
作ってきてくれました。
こちらもおいしかった♪

てゆうか
また花より(月より)団子になってるし!


追記)
おまんじゅうは中延の倉田屋さんのものでした。


中沢新一「人類最古の哲学ーカイエ・ソバージュ1」読了。
旧石器時代の人々が考えていたことが
なんと現代の私たちにも役に立つなんて!!
神話を人類最古の哲学としひもといていくのですが
主に取り上げているのがシンデレラ物語。
このお話の元ネタが
何万年もの歴史あるストーリーだったことにも
大変驚かされました。

一神教のイデオロギーは
神話をはじめとするそれまでのイデオロギーの
否定のうえに成り立ち
その抑圧された「野生の思考」=神話が
「科学」として復活し世界を凌駕している現在。
しかしその「科学」や「資本主義」などのイデオロギーも
完璧ではありません。
そこで、神話を掘り起こし研究することで
忘れ去られてしまった大切なことを再発見しようという試み。

このシリーズ、はまりそ〜





昼と夜の長さが一緒です
ゆうべ月を見ました
オレンジ色のほそいほそい月
これからふくらんでいく月

けさ道に落ちた赤を見ました
いったいどこから
おりてきたのか
真っ赤な花びらなのでした

ふしぎなグレーにつつまれた
朝焼けは雲のせい
たくさんの星が
ふくらんだようなうろこ雲
人さし指でからめとる

いったいどこへいくのか
くもの巣だらけの指でさす
方角から太陽がのぼる
あたしは考える
もし庭があったら
植えたい木や花たちのことを








中沢新一「アースダイバー」読了。
今さらですがw
めっちゃ面白かった!
縄文時代は今よりもっと海面が高く
東京は複雑に入り組んだリアス式海岸のような地形だった。
たくさんあった岬には死者の世界があり
その上に現在の神社や寺がある。

新石器時代の名残が色濃く残された街(!)として
東京を散策していく中沢氏のポエジーには
現代社会のひずみをなくしていく
ヒントが詰まっていて大感動しました!
こんなことを思いつけるなんて、この人は凄い!!
ちまたでは彼を学者として認めないなんて
言う人もいるみたいですが
学問に必要なのはこういった豊かな感受性やひらめき
なのではないでしょうか。





秋深し・・・?
今年はほんとに
エアコンを使った時間が短かったよ。

今週末日曜日は
sugar plantライブ@クロコダイルです。
2009/9/13 SUN
@クロコダイル, 渋谷
LIVE:sugar plant, IRIS, BANK
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV.2,000yen / DOOR 2,300yen +Drink Charge

そして来週末20日は
cinnabomはじめて茨城県にてライブさせていただきます!
とても雰囲気のよいイベントですので
お近くの方はぜひあそびにいらしてくださいね♪
20090920_flyer2009/9/20 SUN
Because (it) is there.@A warehouse at the foot of Mt.TSUKUBA, 茨城県
16:00 OPEN/18:00 START(〜21:00終演)
Ticket 3,500yen (reservation only)
LIVE: THE YOUNG GROUP, araki shin, cinnabom+石垣窓 and more...
筑波山の麓、石組倉庫でのライブ。
音楽レーベルRONDADEシンゴスターがお届けする素敵なライブイベントです!
チケットのご予約はこちらでお願いします。



よしもとばなな「チエちゃんと私」読了。
アラフォーのおばさん二人が共同生活する話。
とくにドラマティックなことは起きないw
のだけど、号泣〜〜。

ばななさんは、純粋な愛について描くために
この設定を考えたのではないでしょうか。
男と女とか、親子とか家族とか
そういうのを全部ひっくるめた普遍的な愛。
それをこんなにリアリティのある言葉でもって
語ることができるって
ほとんど神に近い視点だ。
自分も普段はあまり気付けないのだけど
こういう世界のすぐそばに
実はいるのだと思うと
ほんっとにうれしくて泣けてしまう。






↑このページのトップヘ