cinnabom official site

チナボン・オフィシャルサイト

【new album "under the sun" is now in worldwide stores!】
iTunes Store, Google Play Music, Apple Music, Spotify, etc..
世界配信&CD好評発売中!

blog >

さらっさらの風が吹いている
ものともせず立ち上がるのはタチアオイの花
あじさいたちは雨を待ちわびて
猫背な茂みから空をあおいでる
あたしはひとり鼻歌まじりで
よく乾いた洗濯物を取り込むのです
高く抜けた空の匂い




さとう三千魚さんのウェブサイト「浜風文庫」にて
定期的に詩を発表していくことになりました。
鈴木志郎康先生の最新の詩もこちらで読むことができます!
→浜風文庫

ところで、cinnabomのツアー、途中になっており申し訳ございません
8月からsugar plantのアルバム録音が決まり
ただいまそちらの準備にあたふたしております。
取り急ぎ、7月に代官山でcinnabomライブが決まりました。
よかったら聞きに来てください!詳しくは「live info」へ。




最近読んだ本・・・
村上春樹「騎士団長殺し 上・下」
この作家は巫女なのかもしれない。いや、巫男?
なぜなのか、自分の身につまされることが満載すぎてそう思った。
どうやって書いているのか不思議と思っていたらこんな本が
「みみずくは黄昏に飛びたつー川上未映子訊く/村上春樹語るー」
こちらも読まねば!

ポール・オースター「ナショナル・ストーリー・プロジェクト機Ν供
ここのところ実話に目がない私にはうってつけの本でした。
が、実話に興味がない人も十分楽しめる内容。
本当にこれ市井の人々が書いたものなの?と思うほど
味わい深い素敵な文章が多いのだけど、翻訳がよいというのもあるのかも。
などと思っていたら、一概にそうでもないということが日本版(↓)を読んでわかった。

内田樹/高橋源一郎 選「嘘みたいな本当の話」「嘘みたいな本当の話 みどり」
上記の本の日本版があるというのを知り読んでみた。
日本とアメリカの国民性のちがいが浮き彫りになっていとをかし。
どちらが良い悪いではないのだけど
読み物としては圧倒的に本家の方が面白かったな。
日本の人々はほぼ単一民族で構成されていることやまた島国ということもあり
不文律とか暗黙の了解とかあえて説明するまでもないコンセンサスとか
フツーの人が書く文章には現れないものがたくさんあるのではと思いました。
比較文学、興味深い!!

夏目漱石「こころ」
30年ぶりくらいに読み返しました。
いやはや、不朽の名作!!
漱石と言えば教科書に載っていたり子どもの頃散々読まされたものですが
オトナになってこそ分かることがいっぱいで
子どもには逆に読ませたくなくなりましたw
先生の手紙(遺書)で唐突に終わっているこの構成も
なんと深く決定的な効果を醸し出していることか!

枡野俊明「禅と食」
食べること、そしてその準備をすること
毎日のことだからこそ心をこめてすることで修行になる。
毎日のことだからこそ、手を抜きたくもなるのだけれど
手を抜いても、いのちをいただくことに変わりはない。
修行というと堅苦しいけれど
毎日を、その一瞬一瞬を、生き尽くす
という心がけは常に忘れないでいたい、と改めて。
水上勉「土を喰う日々」も思い出した。その感想文はこちら




10月のリリースからほぼ毎週のようにライブで
ちょっと慌ただしかったここ数ヶ月。
2月は月末に東北に行きますが
やっとひと息ついたので、本、映画など〜

谷川俊太郎「あたしとあなた」読了。
先日の鎌倉molnさんでのライブ「貸切り図書館41冊目」でご紹介させてもらった本です。
この詩のためだけの特別な紙を作るところから始めたという
まるで工芸品のような素晴らしい装丁。
「あたしとあなた」というテーマは
私が英語で歌詞を書くときに必ず意識させられること。
日本語は主語がなくても成立するけれど。
そのシンプルな「あたしとあなた」だけで
こんなにもいろんな感情や感覚を表現する谷川氏の詩。
個人的には、主語が「僕」でも「俺」でもなく「あたし」なので
なんだか中間的な性別の感じもしたりして
面白いと同時に人間そのものに立ち入っていくような深〜い感情の森です。

あたしとあなた
谷川 俊太郎
ナナロク社
2015-06-24




こだま「夫のちんぽが入らない」読了。
ガチの実話です。
愛って、人間って、なんなんだろ。
深く深く考えさせられる、というか今も答えはまったく出ていない。
この本の中でも出ていない。
帯には松尾スズキ氏が
「”結婚”という名の怪我をした、血まみれ夫婦の20年史」って書いてるけど
果たして結婚が問題だったのだろうか?とも思う。
離婚する人はいくらでもいるこのご時世。
愛と執着、愛と生殖、愛と幸せ、、、
ぐるぐるぐる考えさせられる〜〜
しかも装丁は昔のバンド仲間、シュガプラでもお世話になっている江森君でした!

夫のちんぽが入らない
こだま
扶桑社
2017-01-18




村田沙耶香「コンビニ人間」読了。
36歳未婚コンビニアルバイト歴18年の女子が主人公
芥川賞受賞の小説です。
作者はうちのオットと同じ年だ。
もしかしたらこの年代の人々の感覚を象徴しているのかなとも思わされます。
0と1、二進法みたいな思考回路
物心つく頃からパソコンのある世代が持ってるような感覚
私はその世代ともっと上のアナログ世代のちょうど中間
グラデな世代のようでどちらもなんとなく分かるのだけど。
先のこだまさんも彼女と多分近い世代と思うのですが
この世代特有の絶望感は深い。

コンビニ人間
村田 沙耶香
文藝春秋
2016-07-27




映画館で見たかったのだけど、、、やっとDVDになったので。
AMYの自伝的ドキュメンタリー。
月とスッポンではありますが
同じく曲を書き歌う者として身につまされる思いでした。
みんなきっと何かを埋めあわせるようにして歌ってる。
その闇をきちんと扱える人間ばかりではないことを
自分でも薄々気づき始めてはいる。
AMYの繊細さはリスナーとしてはありがたいけれど
一人の女性の人生にとっては破滅的。

AMY エイミー [DVD]
エイミー・ワインハウス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-01-11




おまけ。
先日の大宮でのライブ楽しかったです♪
Facebookになりますが写真いっぱいアップしているので
よかったら見てみてね☆
https://www.facebook.com/chinatsu.shoyama







長らく放置していたcinnabom blogを
10月18日のアルバムリリースに向けてリニューアルしました!
タイトルも「cinnabom official site」としデザインも一新。
装いも新たにリリースやライブ情報など発信していきます。
さぼっていたブログもがんばって書くようにします、…?
もちろん、過去のブログも引き継ぎ、過去記事も読めますのでご安心を〜


で、早速久しぶりの読書感想文を。
ジョン・ターク「縄文人は太平洋を渡ったか―カヤック3000マイル航海記」読了。
アホなことや無意味なことをやってしまうことを正当化したい人のお話w
でもでもね、歴史をひもといてみれば
そういう無鉄砲な輩や冒険者たちがいなければ
人類はここまで進化していなかった。
生存に最適な行動は、皆が一様にするのが一見最良だけれど
なにか突発的な事態が起きた時には、種を全滅という危機にさらす。

危険を冒してでも未知の世界へ漕ぎ出すことをやめられない好奇心
地の果てを求めてさまよう放浪への憧憬
狂気と天才のはざまでうごめく抑えがたい衝動
実は現代の人のこころにも
原初の人と変わらないこういう衝動があることを再認識させられます。
人によって程度の差こそあれw

でもあんまり発揮しすぎても
ほんとに死んじゃったりにっちもさっちも行かなくなっちゃたりしちゃうから
一部の天才の人をのぞいては
ほどほどにしとこうね!(自戒)






ブルース・チャトウィン「パタゴニア」読了。
彼の実家にあったひとかけらの
今はもう絶滅した動物の毛皮から始まる物語(ノンフィクション)。
ヨーロッパの人々にとってのパタゴニアは
なんだかとってもノスタルジックなにおいがする
のだけど、私のようなアジアの片隅の人間にとっては
どうにも察しきれないヒミツがあるような気もしてくる。
極北ならぬ極南の地で暗躍した航海者、無法者、亡命者、アナーキスト
そして消えていったネイティブアメリカンたち。
彼らの物語をたどり自身の物語に重ねていくなかで
そのヒミツがあぶり出されていくようでいて
結局それは神秘のベールに包まれたまま
ここに大切に置かれている。
そんなデリケートな物語。

てか、あっというまに更新が4ヶ月空いてしまいました。
この本も、実際に旅をするかのように
結局ずいぶんと時間をかけて読むことになりました。
慌ただしい日常のなかでも
こんな旅の時間を体験させてくれる本って素敵ですよね!!



次回のチナボラータLIVEのお知らせ
Aug. 22 2015 SAT @頭bar
東京都渋谷区 東2丁目24−1
03-5774-4708
※詳細分かり次第お知らせします〜


来月からは
新しいドラマーを迎えたsugar plantの活動も始めるべく
リハーサルを始めています。
シュガプラライブ情報もまた随時更新していきます〜










「量子は、不確定性原理のゆりかごで、宇宙の夢をみる」佐治晴夫 読了。
生粋の文科系で、物理や数学が最も苦手だった
私でも理解できる、世界の成り立ちのお話!
タイトルからしてなんてろまんちっくなのでしょうw
難しい数式はすっ飛ばしても
きちんと分かるように量子論が解説されています。

先日高野山へ行って
空海や般若心経に触れてきたばかりの私には
なんだかとても親しみ深い内容なのでした。
私の見ている世界の
ほんとうの姿について学んでみると
なぜだかじんわり胸があたたかくなるのです
そう、佐治氏のこの語り口のように







「ヒマラヤ聖者が伝授する《最高の死に方&ヨーガ秘法》」成瀬雅春
いんやもーおーもしろくって一気読み!
タイトルもなんだかセンセーショナルだしw
ハウツーものかと思いきや
なぜかフィクション仕立てになっているので
ヨガに興味のない人でも、普通の読み物として読めちゃう感じ。
けれど瞑想時にこころやからだの中で起きていることの描写などは
きっと成瀬氏の実体験に基づいているのにちがいないと思わされます。
「あるヨギの自叙伝」と比べると(→感想文はこちら
やはり日本人の著作であるということや
(フィクションだけれども)科学的に説明しようと試みている
ということもあって、解脱をより身近に感じる作品でした!
(かといってカンタンに解脱できそうって意味ではないですもちろんw)


「流れる星は生きている」藤原てい
壮絶!!
敗戦下小さな子供を3人連れて
女手ひとつで満州から引き上げたという実話。
極限状態の中での人間心理は非常に残酷
それが自分の中にも小さな種のようにしてあるのでは
と思わずにはいられないのでした。
でも、それを発芽させてしまうことのないよう
日々精進していきたいと思います。
母の強さ、子供の生命力に
ただただ唖然としてしまう作品でした!
そう、作者はあの「アラスカ物語」の新田次郎氏の妻というのも驚き。


「低地」ジュンパ・ラヒリ
素晴らしかった!
弟の死によって大きく人生を変えられてしまった
兄、妻、娘、の物語。
やはりシンパシー、毎度シンパシー
インドの系譜の方だけど
いやだからこそ、運命に翻弄されることの
辛さ、悲しさ、そしてその先の、ささやかな光

ここで描かれるのは一人の人間の死という
(家族にとっては)大きな事件をきっかけとしたものではあるけれど
そもそも人生とは小さないくつもの別れや出逢い、
えんえんと続いていく選択の積み重ねなのだと
それを日々受け入れて生きていくだけなのだと
淡淡と、でもどこかやさしい語り口が
暗に語っているような気がしてなりませんでした。
人生の縮図ならぬ拡大図を広げてみたら
不思議にもいろんなことが見えてきたよ、てな作品でした!





次のライブはcinnabom 久々横浜に行きます!東京でもやります!あそびにきてね♡
cinnabom
■2015/3/14 SAT
キャンドルでつなげナイト! vol.11 Candle Night Live@綱島Blue Corn Cafe, Yokohama
start 20:00 charge 500yen
キャンドルとアロマと音楽の融合です♪
<live>
cinnabom+ARATA、サバサンド、さとうさちこ

■2015/3/22 SUN
クリテツ子の部屋@高円寺Cafe U-hA, Tokyo
開場17:30 開演18:00
1500円+ドリンク(500円)
【出演】
cinnabom+石垣窓、アリソネ、クリテツ







大好きな梨木香歩さんの「家守綺譚」の続編「冬虫夏草」読了。
→「家守綺譚」の感想文はこちら

「家守綺譚」と同じく植物の名前が冠された短編がつらなり
物語が進んでいきます。
舞台はおそらく今よりも少し昔の近江の国。
今は使われることのなくなった昔ながらの言葉遣いも面白く
また、登場する植物たちも
知らないものは調べたりなんかしながら読んでいると
そこらへんに昔から自然に生えているようなものたちばかりで
大変身近に感じるとともに
そのはかない美を慈しむという忘れかけていた心を
思い出させてくれるのでした。

そして、この時代のゆったりとした時の流れの気持ちいいこと!
物語りでこういう表現ができるのかと感嘆しました
(著者はあえて意図してないかもだけど…)。
また私が今ちょっと勉強している仏教の教えも
下敷きになっているような気がしてシンクロニシティ♪
とにかく、読み終わってしまうのが残念で残念でw

今回はさらに物語自体に力が
というか、なにやらこの先に大きなつづきがあるのでは?
と思わされるような伏線が感じられます。否、希望的観測か。
(実は「家守綺譚」からずっと続いているのかも?もう一度読み直さなくちゃね)
このシリーズ、ずっとずっと続いていってほしい!!





わたしはマララ」読了。
「教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女」
ノーベル平和賞候補のニュースで彼女を知り、
先日本屋でこの本見つけたので速攻図書館で予約。
だってたった15歳で!すごいよね!!

かなり分厚い本で
彼女の故郷パキスタン建国の歴史や
タリバンのテロ活動の実態などについても
多分共著のジャーナリストの手で詳細に補足されています。
そしてそれを読めば読むほどつのる思い…
タリバンって、戦争って、なんて理不尽なんだ!
今さらですけど。。。今までよく知らなくてごめんなさい。

そしてこの本を読んでいるときちょうど
またパキスタンの学校がタリバンに爆破されて
132人もの子供たちを含む多くの人々が亡くなった。
本の中のむごたらしい出来事がまだ終わっていないことに愕然とする。
現在進行中!怒

そしてこの小さな少女の
知性にもとづいた大きな強さと勇気にマジ驚かされます。
親御さんの考え方や教育方針も同上。つかお父さんと私はほぼ同世代。
今マララは17歳。
「マララ基金」を設立し世界中の子供たちが教育を受けられるよう活動しています。
先日の学校爆破の時にも声明を発表していたけれど
どうか彼女がタリバンに殺られることなく
長生きできますように!
そして世界中の子供たちが
十分な教育を受けられるようになりますように!
思わず祈らずにはいられないのでした。






先日は
修復を終えてリニューアルした東京都庭園美術館
そのお隣の自然教育園へふらっと行ってきました。
修復されてよみがえった本館(旧朝香宮邸)のアールデコ建築
ヒーターのラジエーターカバーや照明器具なんかもとっても素敵でした。
庭園の方は、残念ながらまだ整備が終わっていないため公開されておらず。
来年公開されたらまた行ってみたいな。
新館での展示は「内藤礼 信の感情」
ものすご〜く繊細で、アブストラクト
感情そのものを視覚化したような作品たちで大変驚きました。
作品の前に立っているとじわじわとリアルに伝わってくるものがある。
とてつもないエネルギーを感じました。
自然教育園の方も初めてだったのですが
目黒にこんなワイルドな森があったとは!紅葉を堪能しました。
しかし、寒かった。
ので、思わず銭湯に入ってあったまってから
ワイン飲んで帰りますた〜。


また、昨日は母と鎌倉へ。
最近介護で忙しい母をちょっと連れ出してみようかな、と。
円覚寺や浄智寺、葛原岡神社、銭洗弁天などなど
節操なくw 神社仏閣を回りました。
結構歩いた〜 歩くと清々します。
お昼は鉢の木でおいしい和食をいただきました。
鎌倉はもう紅葉はほぼ終わりといった感じでしたが
ポカポカ陽気で母も喜んでいました。



アンソニー・ドーア「シェル・コレクター」読了。
素晴らしすぎる短編集!!
まだ20代だった新人作家によるものとは到底思えない!驚愕。
どの短編も最高なのですが、私は特に
姉妹の物語である「長いあいだ、これはグリセルダの物語だった」と
タンザニアからアメリカに嫁いだ女の話「ムコンド」が好き。

偉大なる自然、大いなる宇宙と人間の中の小さな宇宙
それらの調和の中で語られる人生への深い洞察。
詩的な情景描写も多いけれど、決して冗長にはならず
とにかく物語がよくできており
舞台もさまざまな土地でおもしろく
もったいないほどにぐんぐん読み進めてしまった。。

まるで自然そのものが持つ力のよう
不思議な生きる力の湧いてくる作品たちでした。
ひさびさ読書で嗚咽w






これはインド映画なんですが
マダム・イン・ニューヨーク」良かった!
最近ジュンパラヒリ読んだこともあって
インド人の繊細な感覚にとても共感できる作品でした。
主人公はインド系アメリカ移民の主婦シャシ。
ひとりの主婦があるひとつのことをきっかけに
人生の真実に目覚めていくお話。
夫婦とは、家族とは、LIFEとは・・・
やっぱインドの叡智ってすごいな!!号泣w


「雲をつかむはなし」多和田葉子 読了。
この方の作品ははじめて読みました。
ドイツ在住の作家さん。
この本はほんとに雲をつかむようなお話で。
でもいきなり飛び出す「犯人」なんて言葉に
ぐぐっと惹かれて読み進めてしまう巧みさ。
こころの中にひそむ恐れについての考察のような。
詩の言葉を感じさせる文体に
たいへん刺激を受けるとともに好感を持ちました。


「日本の身体」内田樹 読了。
今は失われつつある
日本古来の日本人の身体の使い方についてのインタビュー集。
茶の湯、文楽からラグビー、大相撲、マタギまで
日本の身体を駆使するスペシャリストの話が面白い。
ACOさんのヨガクラスで出てくるキーワードも
偶然か必然かたくさんちりばめられており
なんか自分にもまったく関係のないこととは思えず
とてもドキドキしながら読みました。

合気道の相手に対するアプローチの仕方ーーー
はじめはあえて対立するところから入るが
最終的には一体化する
ーーーというのは
いろんなことに当てはまる修練で深いなー!

日本特有の風土や文化が日本人の身体を
ひいてはこころをつくっている。
ここに立ち返って来ることで得ることのできる
「軸」みたいなものはせめて
失うことがありませんように!









↑このページのトップヘ