早朝オットは三脚を持って部屋を飛び出して行ったw
遠くで犬の吠える声が聞こえる…
きっと不審者と思われながら、蚊にさされまくりながら
無我夢中で写真を撮りまくっているのだろう…オット帰国の朝。


私も8時頃むくむくと起きだし庭園を散歩した。
ああ、こんなお庭がほしい!!!
2つの湖に挟まれた広大な土地で
まばらに草を食む黒い牛
点々と建つ瀟洒な仕事場やゲストハウス
苔むした階段や木陰の石のベンチ
蓮の咲く大きな池、田んぼ、鳥の声
並ぶ白い幹の木の枝振りは大変面白く
ちょっと曇りがちな天気ではあったけれど
そのトーンの落ちた感じもまたいとをかし。

朝食はもちろんランチもここでいただき
散策をしたりして2人旅ラストデイをまったり満喫しました!
※ルヌガンガは三脚での室内撮影および写真の商業利用はNGとのことです〜


それからトゥクトゥクではじめアルトゥガマ駅へ。
ここで帰国するオットと別れ、いよいよ
Barberyn Reef Ayurveda Resortへ!!

3時前には到着しウェルカムドリンクをいただき
一通り説明を受けるともうすることがない。ので
ドクターに会い本格的な施術が始まるのは明日からということだけど
今日もマッサージなど受けられるようにしてもらった♪
本日のメニューは:
シロアビヤンガ(頭と肩のマッサージ)
ムフナアビヤンガ(フェイシャルマッサージ)
シャリラアビヤンガ(2人で行うボディマッサージ)
エカンガピチュ(薬草の温湿布→ボディ)
パパイヤ&きゅうりパック(→フェイシャル)
ハーバルバス
アキュパンクチュア(針治療)
【参考】「アーユルヴェーダの聖地 スリランカ癒しの旅」Spitravel編 岩瀬幸代監修

軽い気持ちでマッサージお願いと言ったつもりが
ほぼリラクゼーションフルコースですっかり昇天
夜はレストランでおいしいベジタリアンディナーを食べていたら
デザートに大きなバースデイケーキでサプライズ!
周りの宿泊客やスタッフのみんなとシェアして
(ダイエットで来ている人も多いのでみんな一口ずつw)
図らずもさびしくないバースデイディナーとなりました〜〜