真っ暗な空
ホームの先端に立って
朝焼けの燃える音をきく
けれどきこえるのは
エアコンの乾いた風の音

エルのことを想う
友人の愛猫が
きのう亡くなった
ホームの先端に立って
地球のまわる音をきく

星は見えないけど
飼い主にそっくりな
エルの声が一瞬
きこえたきがしたよ
空が少し明るくなってきた

薄明かりのなか
会社へと歩いていると
今朝はめずらしく見知らぬ猫が
こっちを見ている

ゆうべ電話ごしに
泣いていた友人のなみだなのか
会社の前は
大きな澄んだ水たまり