先日、実家に帰ったときになにげなく
今小さなすり鉢とすりこぎがほしいんだよねー
ちょっとごまあえとか作るとき用の
なんて母に言ったら
それならなっちゃんこれ使いなさいよ
と出してきたのがなんと
あたしの離乳食を作るのに使っていたという
ピンクの取っ手がついた小さなプラスティックの
すり鉢とすりこぎなのでした!わーお
古ぼけてはいるけれどまあ使えないこともない
ともらってきて昨日それでさっそく
インゲンのごまあえを作ってみたのだけど
やっぱすりたてのごまを使ったごまあえは
うまいわ〜〜〜〜♪♪♪あははは
ごまと、きちんと醸造されたお醤油、
それとちょっとの黒砂糖だけで
それはもう十分なのでした。我ながら(笑)
おおちゃくしてチューブに入ったごまあえの素とか
使ってちゃいけないわよねー。


それからDVD鑑賞「めがね」
「かもめ食堂」と比べたら地味と言われるのかもしれないけど
良い!!
もたいまさこ扮するナゾのおばさんの名はサクラさん
彼女がなにを象徴し
なにを伝えようとしているのかを考えると
とてもしみじみします。
あと、フィルムの時代が終わって
はじめて美しいと思える映像だったかも。
来月は波照間に行くし
なんだか、え、あたし?あたしのため?
としか思えないメッセージ満載でした。
30代女性の撮った映画という感じです。

まさにだいじにだいじにごまをすって
ごまあえを作るかのような作品でした。