cinnabom official site

チナボン・オフィシャルサイト

「under the sun」世界配信&CD好評発売中!
iTunes Store, Google Play Music, Apple Music, Spotify, etc..

この5日間でトータルして十数時間しか眠っていない。
ふらふらになりながら告別式にでる。
遺影の写真のおじいちゃんは、赤いタータンチェックのネクタイなんかしてとても元気そうで、あたしの記憶の中のおじいちゃんとほとんど変わらない。聞けばこの写真は今年の3月に米寿の記念に撮ったものだそうで、つい半年前までこんなにぴんぴんしてたのかと思うと、残念でしょうがない。
棺桶に花を入れる時、初めておじいちゃんの死に顔を見た。花がほんとに綺麗だった。棺桶に釘をさした。3回カンカンカンとたたいた。
密葬ということでほんとに身内だけで告別式が終わると、みんなで火葬場へ向った。火葬場はかなり新しくてモダンな建物で、一度に十体くらいは荼毘にふすことができるようになっている。それがまるでエレベーターホールみたいになっていて、棺桶がエレベーターの中にすうーっと入れられると、エレベーターの扉が閉まって肉体がこの世とお別れをする。あたしたちはそのエレベーターホールを見下ろすガラス張りの「お見送りホール」からその様子を眺めている。完璧に骨になるまで普通は90分くらいかかるらしい。けどおじいちゃんはもうずいぶんと小さくなっていたので1時間くらいでエレベーターから出てきた。あたしたちは用意されたお座敷でお酒を飲んだりおにぎりを食べたりしてその時を待っていた。骨は熱かった。あたしは叔父と二人でおじいちゃんの一番大きい骨を1本つまみあげて骨つぼに入れた。死んだらほんとに燃やされちゃうんだ。その時はほんとうに肉体が燃えて消えてしまったと感じた。これまで結構、魂とか霊とか精神とか信じてたけど、この時は全部ウソだと思えた。
火葬場から葬儀場に帰ってきて会食。夕方には解散した。帰りにお供物の果物が全員にわけられた。あたしは欲張って一番大きい袋をもらった。(フルーツ大好き!)パイナップルやパパイヤやメロンやグレープフルーツが寝不足で疲れた体にずっしりと重い重い。いやまじに横須賀から吉祥寺までたどり着けないかもと思うくらい重くて、うんうん言いながら大変な思いをして持って帰った。でもなんか、エレベーターに乗ってあっという間にあんなかさかさの骨になってしまったおじいちゃんがあたしにはとっても納得がいかなかったから、その果物の重みがとっても愛おしかった。

ゆうべ、母に電話をしたら、実際亡くなったのは金曜日の夜(15日午前1時頃)だったということで、声は意外と落ち着いてて、逆にこっちの声が詰まってしまった。
実は華麗高原にいたとき、実家から何度か着信記録があったんだけど、圏外だったり電池がなくなりかけてたりで、連絡できなかった。というより本当はなんとなく予感するものがあったんだけど、知りたくなかった。

昼過ぎに起きて、すぐ黒い服を引っぱりだしてきて、通夜の会場へ。
数十年前に一度だけ会ったとか、今回初めて会ったとかいう親戚がたくさん集まっている。肺炎ではあったけど、老衰もあったし、文字どおり眠るように亡くなったということで、意外と悲愴感はなくて、かえっておだやかな場の雰囲気。こういうことでもなければ会えない人たちばっかりだし。
最後に叔父がみんなに挨拶したときに言ってたけど、これを機会にまた一族がんばっていきましょう的な、あたしたちにとってはそういう意味合いの集まりでもあったような気がする。というか、死んだおじいちゃんがみんなをそういうふうにさせたかったのかも。今思ったんだけど。
こないだも書いたけど、あたしの祖父母たちの中で最初に亡くなったのが、今回のこの母方の祖父。年齢的にも4人の中で一番年上だった。(ちなみに父方の祖父母は丁度先週のテロが起きた日、教会のミサのためにアフリカ・ケニアへ旅立ちました。2人とも80才を過ぎてるというのに!)
つまり、あたしにとっては物心付いてから初の肉親の葬儀だったのです。
この日の夜は、おばあちゃんと叔父と私の母と私とで、通夜の会場に泊まった。
あたしは最近、まくらが変わるとどうも眠れなくてこの夜も結局1時間くらいしか眠れなかった。
おばあちゃんはずっと布団の中で泣いていた。

とにかくボロ雑巾のよーに疲れてて、そのまま泥のよーに眠りたい気分。
華麗高原はとにかくきもちのいいところで、
そのままもう1泊してから帰ってもよかったんだけど、色々あって結局帰ることに。
えのちゃんとあたしは昨日から一睡もしてなかった。
装備を片付けるのは大変。帰りはゴミも満載。
でも、個人的にテントとかああいうのって感動する。
くるくるまるめるとあんなに小さくなっちゃうってところが。
身軽でいいね。それにくらべたら、普段超重装備で生活してるのがバカバカしく思えてくる。
いつかテントだけもって長旅にでてみたい。
結局、うだうだしながら片付けて、高原を出たのが夕方6時頃だったかな。

途中、クルマのなかでJWAVEの大沢伸一の番組が始まって
今回のテロ事件で亡くなった人たちへの追悼の意を込めて、
というコンセプトで彼が30分間?ずっと選曲してかけてたのが
めちゃくちゃよくって、しみじみ聞き入っていた。
DJでこういうこともできるんだったなと、改めて感動。
zero7のthis worldという曲が、これまでもよく聞いてたけど
今までにない聞こえ方でほんと泣きそうだった。他の曲も全部よかったし。
番組が終わる頃やっと家に到着。えのちゃんいろいろありがとう。
で、先に帰ってた小川君から、
おじいちゃんが亡くなったことを知らされた。

とりあえずテントに入って眠ろうとしたけど3時間くらいで目覚めてしまった。
前日、りえちゃんとなぜか超笑いモードに入ってしまい、笑いすぎで顔が痛い…。
おぎゃーが新宿リキッドのオーシャンのラウンジでDJとのことで
ひとり帰らなくっちゃいけなくて、ふもとのバス停まで
えのカーで送りつつ、みんなで温泉に入った。
後ろ髪ひかれながらバスに乗るおぎゃー。
再び高原まであがってきて、簡単なタイカレーを2種類作った。
ちなぼう亭アウトドア。
お外で食べるとどうしてこうもウマいのかなあ。

そしてパーティーはまた始まった・・・。
2日目はみんなともだちがたくさん来ててまた楽しかった!
天気も最高で星が、なんでしょうあれは、うまく言葉にできない。
とにかく踊った踊った。踊る気狂い。
朝方「スペクテーター」という雑誌の広告の撮影ということで
色とりどりのウィンドブレーカーを着させられて
テキーラをあおりながらまた踊った。
結局昼の2時まで踊ってた。ニックえらいよ。
ここにいる人たちみんなクレイジーピープルとかって言ってたけど
それにつきあうあなたがもっともクレイジーと言えるのかもしれません。
いや単に、音楽好き、です。

えのちゃんのアウトドア装備はすごい。
タープ2つにテントが3つ、キッチン用のカウンターだってあるし
もちろんテーブルも2つ、イスが4つ。寝袋だって人数分以上ある。
これだけの装備と私たち5人を乗せて、さらに途中、BBQやカレーや
パスタなんかの材料を買い込んで、もちろん酒もしこたま買い込んで
なにもかも満載で昼過ぎ、華麗高原へしゅっぱーーーーーーつ。
まったくあたしゃこの装備で1か月くらい旅に出たいくらいだったよ。
着くなりBBQで腹ごしらえ。
その後はライフフォに突入!といきたかったけど
これがまたなかなか始まらなかったやね。
ニックのミックスCD2枚連続してかけてましたよ。うははは。
ま、そんなこんなで始まった時は少人数ながらも炸裂していた。
だから朝10時ころまで止まんなかったっす。
のちにおぎゃーと話してたんだけど、
ニック霊媒師説は正しいかもしれない。(例え話ね)
するとマサさんは神にあたるのか。
とにかく音楽をとおしての魂の交流。
うん、これはうちらとほぼ同じ考えなのです。
ていうか、アート・表現ってこういうものだよねえ。
たとえば先日SPUTNIKでやったフリーフォームとメスカリートの
パーティーでも結構似たようなことが起こってたと思うのです。
あの場合はこばやタカくんがするってえと神ですかい。
シュガプラは霊媒師?
なんかわかんないけど、音楽のむこうがわにあるそれ、なのでしょう。

↑このページのトップヘ